失恋と写真で描く
*
ホーム > > 社会はやっぱり厳しいです

社会はやっぱり厳しいです

子供が幼稚園に入り、年中、年長と上がっていくと、アルバイトやパートに出るママさんが増えてきます。
私の子供の幼稚園バスのバス停も、最初は6人いたのですが、子供が年長になった年には、みんなパートに出始め、私の子供1人になってしまいました。
パートの時間的にバス到着時間まで待てないので、早い時間に乗せられるバス停まで連れて行くようになったからです。
私たち親子だけが取り残された感じで、かなりショックでした。
確かに、幼稚園でも近所でも、何もせずに家にいるママさんもまだまだいます。
ですが、家計にすごいゆとりがあれば平気ですが、幼稚園代も高いし、習い事もそこそこするし、毎月ギリギリなのに家にいるのは焦ります。
でも、実家が近い訳でもないので、急に病気になったり、午前保育で帰る日も多いので、なかなか踏み切れません。
そこで、ドラッグストアーの、あるメーカーの商品の棚整理やポップの取替えといった1日限りのアルバイトに申し込んでみました。
作業時間30分程と書いていたし、「1回で1000円貰えたらお得かな?」と気軽な気持ちでした。
当日ドキドキしながらお店を訪れ、責任者らしき人に声をかけたら、最初はとても丁寧に対応してくれました。
ですが、「~(メーカー名)から派遣されました~です」と挨拶すると180度態度が変わったのです。
最初は、お客さんだと思ったみたいです。
マニュアル通り作業内容を説明し作業に入ろうとしたら、「取り敢えずお客様が1番なのでくれぐれも邪魔しないように」ときつく言われました。
私としたら、メーカーから派遣されているにせよ、「そのお店の人の許可を得ず、商品を移動したり、値札やポップを交換していいものか?」と思ったので、度々尋ねに行くと、本気で「お客様の邪魔。」と凄い剣幕で怒られました。
作業が終わり、最終チェックを頼んだ時もずっと怒っていました。
「主婦が遊び感覚でお小遣い稼ぎに来たのかもしれないけど、こっちは真剣なんですよ」的な空気がすごかったです。
最初はヘラヘラ笑っていましたが、段々何を言われているのか分からなくなり、頭が真っ白になりました。
帰る時に、「次来る時はもっと色々考えてから来て下さいね。
一応仕事なんですから」と言われましたが、二度と行く気にはなれませんでした。
帰り道、ワーワー泣きながら自転車をこいで帰りました。
私にも至らない点が色々あったのだと思います。
主婦になってからお客さんの立場でしか、スーパーやドラッグストアーに行った事がありませんでした。
レジが混んでいたら、ちょっとイライラするし、店員さんが些細なミスをしたら丁重に謝ってくれます。
「同じ場所に行くにしても、働く立場で行くとこんなに厳しい目に遭うんだな」と実感しました。
外で働き始めたママさんを、憧れの目だけで見ていましたが、「本当は辛い日もあって、それを乗り越えて働き続けているのかもしれないな」と反省もしました。

保育士バイト

関連記事

大好きな箱根駅伝をテレビ観戦
毎年楽しみにしているのが箱根駅伝です。特定の大学を応援しているわけではありません...
シャンプーを育毛に使用し始めて気づいたこと
父は育毛シャンプーを使用している。健康にはお金をかける父。母から聞いた話だと、体...
お通じの緩和は温かいお茶や水で
お通じの緩和をするには、朝のトイレ時間に余裕が取れるかが大事です。朝は腸の働きが...
社会はやっぱり厳しいです
子供が幼稚園に入り、年中、年長と上がっていくと、アルバイトやパートに出るママさん...
FXを始める前に最低限必要な事
2年程前ですがFXに興味があり申し込みをしました、小額から出来ると言う宣伝文句に...
新発見の連続
引っ越しして良かったことは、やはり新しい世界を知ることができたことです。 私は実...
ハウスクリーニングのサービスを利用して、余裕のある生活を送りましょう。
仕事や育児で忙しいときは、部屋の掃除などに時間をかける余裕もありません。しかし、...
美容の面にも優れている生命の木
美容の面にも優れている命の木、いわゆるモリンガについての話しです。 人間や動物は...